お経で仏教が伝わるのか?

2020年5月23日


 とある方からインターネットを介しての、とても大切なご指摘である。
「多くの人は葬儀か法事で初めて仏教のお経を聞き、これらは日本語かいなと思いながら出会うことで、
異質の文化と認識させていることに問題があるように思います。異質の文化と感じさせているのは、お経ですね。
曹洞宗のお経は、日本語で語られている。難しい面もありますが、それでも何とか理解できます。
 こうしたことをせずに、何百年もやっていることに問題意識を持たないことに不思議さを感じざるを得ない。
凡人に分かり易くとく努力をされていない」
 
実は、同様のご指摘をこれまでにも受けてきた私である。
そこで今回は、次のようにお応えをしてみた。
「メッセージ有り難うございます。お経に対する、同じような問題提起は今までにもよくお受けしてきましたので、同感いたします。
せっかくのご縁ですからご紹介をさせていただくと、「凡人に分かり易く説く努力をされていない」ことに安住している訳ではなく、
私たち浄土真宗本願寺派でも、経典の現代語訳やそれをやさしくお話しする講座を各地で実践しています。
どうぞ、仏法を本気でお求めであれば、ご縁のお寺さまに本気でお尋ねください。本気のお坊さまなら、きっと本気で関わってくださると思います。
だって、こうしてメッセージを寄せていただけるということは、まだ仏教に期待してくださっている証ですもの。
私もうれしいですし、気合いが入りました。以下に、現代語訳の一例をご紹介いたします」
 
そして、浄土真宗本願寺派・本願寺出版社発行の浄土三部経(文庫版)をご紹介した。
本願寺派が長年の研究成果を総動員して、編纂・現代語訳されたものである。

以下に、編纂委員会のメッセージを添えておく。
この現代語版は、伝統的な解釈を十分尊重しながら、新しい研究成果を加味して、浄土真宗の本義を明らかにしようと意図しました。
ことに、私たちの教団が同朋運動の歴史のなかで確認してきた視点に立って、
この現代語版においては、特に留意すべき箇所について訳註のなかで示しました。
いうまでもなく、今回の出版において現代語版の編纂が完成したということではありません。
今後もひろく諸賢のご批判、ご助言をいただきながら、改訂を重ねて、つねに時代に即したものとなるようにしていきたいと考えています。
聖典の拝読を通して、真実によびさまされ、人生を歩んでいく大きな力を得られますよう念願してやみません。
  平成8年3月                         淨土真宗聖典編纂委員会

 地方寺院一住職の私としては、「葬儀か法事で初めて仏教のお経を聞き」ということにならないよう、
日常生活の中でお経に出会い、仏さまの教えを聞いていただける工夫を、これからも重ねていきたいと思っている。

■ご紹介:
『浄土三部経』(文庫版)淨土真宗聖典編纂委員会/編纂 本願寺出版社/発行
https://hongwanji-shuppan.com/item/detail.html?icd=978-4-89416-139-9

■新たな仏縁の創造を願ってご紹介
源光寺ホームページ:http://www.genkouji.com/
絵本のお坊さんブログ:http://genkouji.com/blog/
福間玄猷YouTubeサイト「ご法事の目的(浄土真宗版)」

仏教説話『だいじょうぶだよ へいきだよ』(青少年版 メッセージ動画つき)

築地本願寺(浄土真宗本願寺派)ホームページ:https://tsukijihongwanji.jp/
浄土真宗本願寺派ホームページ:http://www.hongwanji.or.jp/
源光寺樹林葬型公園墓地「びおらの丘」http://www.genkouji.com/viola.html
仏教書朗読『あなたがあなたになる48章』第1章 福間玄猷YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=0sdeIE7cO0g&t=346s

■絵本大好き住職が出来ること。
1.仏さまのお話(=ご法話の会) ご依頼の場所へ出向き、人生の確かなよりどころ
  として仏さまのお話しをします。
2.絵本の読み語り ご希望の場所に出向き、年齢にあわせた読み語りをします。
3.悩み事相談 人生・子育て・孫育て・人間関係・仏事などのご相談をお受けします。
4.お寺での楽しい行事をご紹介します。-門信徒会・仏教婦人会・お寺の子ども会
  などで、新たな出会いと学びが広がります。
5.お坊さんとのコラボをお受けできます。お坊さんとの化学反応を楽しみませんか。
6.お寺という宗教空間をお貸しできます。深い気づきや発見があるでしょう。
7.お寺でのボランティアをご紹介します。
8.お墓の相続に関するご相談もお受けします。(樹林葬型公園墓地びおらの丘)
9.仏教入門講座をおすすめします。仏教の教えや作法のイロハから、
  わかりやすくお話しします。

投稿者について

福間 玄猷

1971年生まれ。本願寺派布教使・源光寺第14代住職 別名「絵本のお坊さん」 大阪府茨木市出身。平成8年三次市・源光寺へ入寺。《様々な経験を持った人々が集い、信頼できる温かなつながりを育む》そのような交流館を目指して、赤ちゃんからご年配の方まで世代を超えた活動を続けている。寺院や福祉施設はもちろん、各地の学校や保育所、コミュニティーセンター・いきいきサロンなどに招かれ、「いのち・こころ・真実を見つめる」ご法話や講演を重ねている。また、「子育て支援」「アドバンスケア・プランニング」「グリーフケア」を柱にした研修会も好評。子どもたちと富士山登山を3度完遂。グリーフケアアドバイザー1級/発達障害コミュニケーション初級指導者/つどい・さんあい 運営委員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA